Bookshelf - Tag [ DUO ]

ブック名 説明 単語数 進捗
DUO3.0 Section 20~23
297 --/29700
DUO3.0 Section 22
87 --/8700
DUO3.0 Section 21
例文251のleaveingは「付帯状態を示す分詞構文」leave +目的語(人・物)+補語(状態)で、「目的語を補語の状態にする」つまり、「住民(目的語)をホームレス状態(補語)にした」となる。例:leave the door open ( ドアを開けたままにしておく)
73 --/7300
DUO3.0 Section 15~19
283 --/28300
DUO3.0 Section 20
例文226の前置詞「under」は、「~の条件の下で」という意味で使用。 例文232の「it」は仮主語。真主語は「to trap animals(動物を罠で捕えること)」(不定詞の名詞的用法)。
85 --/8500
DUO3.0 Section 32
43 --/4300
DUO3.0 Section 24~28
267 --/26700
DUO デュオ 3.0 section 1-5
DUOの中から自分の中で不安な単語、引っかかった単語。達成率が上がりやすい方がやる気が出るので小分けにしてみました。まずは1-5まで section6-10はこちら http://smart.fm/lists/20307 注記;このリストはDUOに掲載されている単語のすべては網羅していません。個人的にこれはかなり簡単だなぁと思ったものは抜かしてあります。大体9割ほど入れています。例文は極力DUO以外のものを選んでいます。
153 --/15300
DUO3.0 Section 26
41 --/4100
DUO select SECTION3/33
株式会社アイシーピーのDUO selectです。 TOEIC 550~620点(990点満点) 大学入試偏差値 55~58 英検 2級 TOEFL 基礎用 の対応のようです。 一度DUO select本誌にさらっと目を通してからiKnow!にとりかかると 効果倍増だと思います。 最後に本誌の復習用CDを聞くとなお良いと思います。 "Part4はこちらです。":http://www.iknow.co.jp/list/5888 出版社: アイシーピー (2001/03) ISBN-10: 4900790087 ISBN-13: 978-4900790087
43 --/4300
DUO3.0 Section 9~14
281 --/28100
DUO3.0 Section 33
55 --/5500
DUO3.0 Section 18
63 --/6300
DUO3.0 Section 19
60 --/6000
DUO3.0 Section 5~8
255 --/25500
DUO3.0 Section 27
「sort of」・・・kind of とsort ofは抜けても意味は変わりません。yesよりやわらかい表現をしたい時、ごまかしたい時、微妙に思う時、うやむやにしたい時など使われています。 アメリカではkind ofを使う人が多いです。喋っている時にはkind of はkinda になる。 イギリスではsort ofを使う人が多いです。喋っている時にはsort of はsorta になる。
67 --/6700
DUO select SECTION2/33
株式会社アイシーピーのDUO selectです。 TOEIC 550~620点(990点満点) 大学入試偏差値 55~58 英検 2級 TOEFL 基礎用 の対応のようです。 一度DUO select本誌にさらっと目を通してからiKnow!にとりかかると 効果倍増だと思います。 最後に本誌の復習用CDを聞くとなお良いと思います。 "Part3はこちらです。":http://www.iknow.co.jp/list/5873 出版社: アイシーピー (2001/03) ISBN-10: 4900790087 ISBN-13: 978-4900790087
37 --/3700
Duo3.0 sentence 151-200
271 --/27100
DUO3.0 Section 1~4
224 --/22400
Duo3.0 section1
Duoやればセカイを制するって聞きました
42 --/4200
DUO select SECTION1/33
株式会社アイシーピーのDUO select[デュオ・セレクト] 厳選英単語・熟語1600です。 この本はSECTIONが33まであり、 対応できる範囲として TOEIC 550~620点(990点満点) 大学入試偏差値 55~58 英検 2級 TOEFL 基礎用 と書かれています。(本誌より) SECTION1から33までのListsについては、 *本誌での学習後に用いるLists*と想定しています。 そのため本誌掲載の例文・副教材の音声は一切使用しておりません。 これらが必要な方は書店等で入手してください。 使用方法としましては一度DUO select本誌を通読してからiKnow!にとりかかると効果的だと思います。 最後に本誌の復習用CDを聞くとなお良いと思います。 "Amazonでの評判はこちらです。":http://www.amazon.co.jp/review/product/4900790087/ref=cm_cr_dp_all_summary?_encoding=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=bySubmissionDateDescending "Part2はこちらです。":http://www.iknow.co.jp/list/5870 "*「このListsはまだ難しい。」*という方はこちらをお薦めします。":http://www.iknow.co.jp/list/8356 出版社: アイシーピー (2001/03) ISBN-10: 4900790087 ISBN-13: 978-4900790087
41 --/4100
DUO3.0 Section 25
44 --/4400
DUO3.0 Section 34~37
276 --/27600
DUO3.0 Section 12
例文138 「provide A with B」で「AにBを提供する」 例文260 「provide for A」で「A(家族など)を養う」
38 --/3800
DUO3.0 Section 8
41 --/4100
DUO デュオ 3.0 section 6-10
編集完了しました。 section11-15はこちら http://smart.fm/lists/26008
148 --/14800
DUO3.0 Section 43
59 --/5900
DUO3.0 Section 39
63 --/6300
DUO3.0 Section 28
57 --/5700
DUO3.0 Section 29~33
「feed up」は、「飽きるほど食べさせる」。これを受動態にした「be fed up」は、「腹いっぱい食べさせられた」。つまり、「もう食べるものいやだ」⇒「うんざりだ」って意味。
286 --/28600
DUO3.0 Section 30
58 --/5800
DUO3.0 Section 29
53 --/5300
DUO3.0 Section 44
81 --/8100
DUO3.0 Section 40
80 --/8000
DUO3.0 Section 38
46 --/4600
DUO3.0 Section 41
60 --/6000
DUO3.0 Section 31
*be out of the question・・・「無理、問題外」 *be out of question・・・「確かに、疑問の余地ない、疑いのない」 「The」があるのと無いのとでは、全く意味が違うので注意 。
72 --/7200
DUO3.0 Section 24
53 --/5300
DUO3.0 Section 11
例文127の「particular」について・・。 a)「be paticular about A」は「Aの好みがうるさい」(例文127単語番号591) b)「in paticular」は「とりわけ、特に」(例文257単語番号1199)
53 --/5300
DUO デュオ 3.0 section 36-40
編集完了しました。 いよいよ次で最後です! http://smart.fm/lists/154567
190 --/19000
DUO デュオ 3.0 section 26-30
編集完了しました。 次のsection31-35はこちらです http://smart.fm/lists/93872
210 --/21000
DUO デュオ 3.0 section 31-35
編集完了しました。 次のsection36-40はこちらです http://smart.fm/lists/112837
239 --/23900
DUO デュオ 3.0 section 41-45
やっと作成終了しました! みなさんおつかれさまです! このシリーズの最初のリストはこちらです。 DUO3.0 section1-5 http://smart.fm/lists/14259
194 --/19400
DUO3.0 part1
本の中の単語。
499 --/49900
DUO3.0 Section 3
78 --/7800
DUO3.0 Section 2
57 --/5700
DUO3.0 Section 17
54 --/5400
duo3.0 secsion 12
secsion 12
38 --/3800
DUO3.0 Section 16
43 --/4300
DUO3.0 Section 9
例文103の「so ~」は目的のso that構文。「~するために、~するように」という意味で、目的を表す副詞節を導く接続詞です。that節の中には助動詞の「may、can、will」などが用いられます。くだけた言い方では「that」を省略して「so」 のみを用いることも多いです。
54 --/5400

Homeに戻る